「世の中が腐ってる?
 あんたの”世の中”ってのはずいぶん平和らしいわね。
 でもこれが現実。一つしかない現実。
 腐るどころか新鮮そのものよ」




誰かが言った。
人は他人と接するとき、まず疑うことから始めるべきだと。



誰かが言った。
他人と共に生きるならば、その隣人を愛でるべきだと。



最後に誰かが、こう言った。
人間は生まれながらにして孤独だ。
自分が他人を理解できないように、他人が自分を理解できるはずもない。



世の中は、汚くない。
世の中は、綺麗でもない。
幸も不幸も善意も悪意も、全ては自分が決めること。



なればこそ。

 
世界は、希望に満ちている。